So-net無料ブログ作成

失業保険 手続き(基本手当) [失業保険 延長]

平成19年9月30日以前に離職された方
   短時間労働被保険者以外の一般被保険者については、離職の日以前1年間に賃金支払基
  礎日数14日以上の月が6か月以上あること。
   短時間労働被保険者については、離職の日以前2年間に賃金支払基礎日数11日以上の月
  が12か月以上であること。
  離職の日以前1年間又は2年間に、傷病、出産等により引き続き30日以上賃金の支払が
  ない場合は、その賃金の支払のない日数を加算することができます。(算定対象期間は最
  大4年間です。
  被保険者であった方が、基本手当の支給を受けるためには、その方の住所又は居所を管
  轄する安定所において、「求職の申込み」を行ったうえ「離職票」を提出して受給資格の決
  定を受け、以後原則として4週間に1回指定された認定日に本人が安定所において失業の
  認定を受けなければなりません。

失業保険の手続きには、多くの制限事項があります。

難しい手続きは、苦手なあなたにも

このマニュアルなら、安心の失業生活を過ごせます。

知らないで、大損しないために・・・一読の価値あり!

>>>失業保険.com(生活安心サイトを見る)<<<

 



共通テーマ:求人・転職

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。