So-net無料ブログ作成

失業保険 基本手当の受給資格 [失業保険 延長]

離職の日以前の一定の期間に、次の「被保険者期間」があることが必要です。
① 平成19年10月1日以降に離職された方
    離職の日以前2年間に、賃金支払基礎日数11日以上の月が12か月以上あること。
    なお、倒産・解雇等により離職した場合(101頁から103頁参照)は、賃金支払基礎日数11日以上の月が、離職の日以前2年間に12か月以上又は離職の日以前1年間に6か月以上あること。
   ※離職の日以前2年間(倒産・解雇等により離職した場合は2年間又は1年間)に、傷病、出産等により引き続き30日以上賃金の支払がない場合は、その賃金の支払のない日数を加算することができます。(算定対象期間は最大4年間です。)

失業保険の受給資格については、色々な条件があり、細かい規則はハローワークで聞けます。

でも失業保険の受給資格のない人も受給することができるとしたら

あなたは信じられますか?

知らないことがどれほど損か・・・実感してください!

>>>失業保険.com(生活安心サイトを見る)<<<

 



共通テーマ:求人・転職

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。