So-net無料ブログ作成
検索選択
失業保険 延長 ブログトップ

失業保険の金額や期間が少なく不安な方 [失業保険 延長]

役所には、知らないばかりに損してしまう事がイッパイです。

photo04.jpg

さらに

自己都合退職なので、失業給付金は4ヶ月先になる。
失業保険給付期間が短く、まともに仕事を探せない。
体を壊し仕事を辞めたいが、無収入になるのは不安だ。
失業給付の金額が少いので年金保険料なんか払えない
希望する職業訓練校は、今すぐには入校できない
とにかく仕事を早く見つけないと生活していけない

このような悩みは、全て解決できます

photo03.jpg

photo02.jpg

国の正規のセーフティネットです。

どこに行き、どんな手続きをするのか

全て教えしましょう!
>>>失業保険.com(生活安心サイトを見る)<<<

失業保険の金額については、普通にハローワークで計算してくれますが、ほとんどの方は金額に満足はしていません。

そして多くの人は失業保険だから仕方がないか・・とその金額に納得してしまいます。

しかし簡単にあきらめないでください。方法はあるのです。

ただほとんどの人が知らないだけなのです。

もちろん国は積極的にはPRなぞしません。なぜなら予算に限りがあるからです。

知ってる人だけが得をするって不条理ですが役所の制度にはたくさんあることなんです!

知らなかった・・・では済まされない事ですよ!

>>>失業保険.com(生活安心サイトを見る)<<<

受給日数延長 失業保険




共通テーマ:求人・転職

失業保険の期間(給付制限)は解除できます [失業保険 延長]

失業保険の期間については、とても理不尽なことですが 

自己都合退職の場合失業手当の給付制限となり、失業認定後90日間は手当ての支給が止められてしまいます。

90日後から給付の期間スタートで、その後約1ヶ月後に第一回目の支給です。

その間のアルバイトなどは一切御法度です。

1円たりとも、無断で稼ぎがあっては罰金ダ~!と脅されます。 

つまり失業してから延べ約4ヶ月は無収入の状態を強いられるのです。

こんな制度では、ゆっくり求職活動なんかやれるはずありません。

そんな失業手当の給付制限を解除できる方法があるのです。

決して裏技とか、非合法などのグレーなやり方ではありません。

ハローワークに行く前に、是非知っておきたいノウハウです。

失業保険の期間については、知らずに損することがイッパイです!

>>>失業保険.com(生活安心サイトを見る)<<<

 



共通テーマ:求人・転職

失業保険 受給資格 [失業保険 延長]

 倒産・解雇等の理由により再就職の準備をする時間的余裕なく離職を余儀なくされた方(特定受給資格者)、及び
特定受給資格者以外の方であって期間の定めのある労働契約が更新されなかったことその他やむを得ない理由により離職した方(特定理由離職者)とは、具体的には、下記の類型に該当する方をいいます。
 ただし、特定理由離職者については、受給資格に係る離職の日が平成21年3月31日から平成24年3月31日までの間にある方に限り、所定給付日数が特定受給資格者と同様となります。
 また、「特定理由離職者の範囲」のⅡに故当する方は、被保険者期間が12か月以上(離職以前2年間)ない場合に限り、所定給付日数が特定受給資格者と同様になります。

失業保険の期間については、知らずに損することがイッパイです!
>>>失業保険.com(生活安心サイトを見る)<<<




共通テーマ:求人・転職

失業保険 基本手当の給付日数 [失業保険 延長]

失業保険の期間については、知らずに損することがイッパイです!
>>>失業保険.com(生活安心サイトを見る)<<<


(4)基本手当の給付日数
   受給資格の決定を受けることにより、受給期間(原則として、離職後1年間)内の失業し
  ている日に対して、積極的に求職活動を行っていることが確認できた場合に、年齢・離職理
  由及び被保険者であった期間に応じ、次の表に掲げる日数分(「所定給付日数」といいます)
  を限度として基本手当が支給されます。
①一般の離職者(②及び③以外の全ての離職者。定年退職者や自己の意思で離職した者等。)
          被保険者であった期間(全年齢共通)
          ~10年  10年~20年    20年~
所定給付日数    90日     120日      150日
障害者等の就職困難者
          被保険者であった期間
年 齢      ~1年        1年~
~45歳      150日        300日
45歳~65歳   150日        360日
③特定受給資格者及び特定理由離職者
          被保険者であった期間
年 齢      ~1年   1年~5年   5年~10年   10年~20年   20年~
~30歳      90日     90日     120日       180日       --
30歳~35歳   90日     90日     180日       210日      240日
35歳~45歳   90日     90日     180日       240日      270日
45歳~60歳   90日    180日     240日       270日       330日
60歳~65歳   90日 150日 180日 210日 240日

失業保険の期間については、知らずに損することがイッパイです!
>>>失業保険.com(生活安心サイトを見る)<<<



共通テーマ:求人・転職

失業保険 基本手当の日額(45歳以上) [失業保険 延長]

基本手当日額の計算式及び金額(平成23年8月1日改定)
基準日において30歳以上45歳未満である受給資格者に対する計算式
賃金日額(w)            基本手当日額(y)
2,330円以上4,650円未満    y=0.8×W
4,650円以上11,770円以下   y=(-3×W2+70,910×W〉/71,200
11,770円超14,340円以下    y=0・5×W
14,340円超               y=7,170

基準日において60歳以上65歳未満である受給資格者に対する計算式
賃金日額(w)            基本手当日額(y)
2,330円以上4,650円未満     y=0.8×W
4,650円以上10,600円以下    y=(-7×W2+127,750×W)/119,000
                       y=0.05×W+4,240のどちらか低い方
10,600円超15,060円以下     y=0・45×W
15,060円超               y=6777

基準日において30歳未満又は65歳以上である受給資格者に対する計算式
賃金日額(w)            基本手当日額(y)
2,330円以上4,650円未満     y=0.8×W
4,650円以上11,770円以下    y=(-3×W2+70,910×W)/71,200
11,770円超12,910円以下     y=0.5×W
12,910円超               y=6,455
(注)1 基準日とは、受給資格に係る離職の日をいう。
   2 端数処理については、1円未満を切り捨てる。
   3 基本手当日額(y)の最低額は1,864円
   4 賃金日額(w)の上限額・下限額及び基本手当日額の計算式は毎年8月1日に変更されます。

失業保険の期間については、知らずに損することがイッパイです!
>>>失業保険.com(生活安心サイトを見る)<<<



共通テーマ:求人・転職

失業保険 基本手当の日額(30~45歳) [失業保険 延長]

基本手当の日額は、受給資格者が在職中に得ていた賃金の1日分の45%~80%相当額です。
 (一定の上限額があります。) また、勤労者の平均給与額の変動に合わせ、毎年8月1日に改定されます。

基本手当日額の計算式及び金額(平成23年8月1日改定)
基準日において30歳以上45歳未満である受給資格者に対する計算式

賃金日額(w)               基本手当日額(y)
2,330円以上4,650円未満    y=0.8×W
4,650円以上11,770円以下   y=(-3×W2+70,910×W〉/71,200
11,770円超14,340円以下    y=0・5×W
14,340円超                y=7,170

失業保険の期間については、知らずに損することがイッパイです!
>>>失業保険.com(生活安心サイトを見る)<<<

 


タグ:基本手当

共通テーマ:求人・転職

失業保険 受給期間(基本手当) [失業保険 延長]

失業保険の受給期間
 ア 受給期間
   基本手当の支給を受けることができる期間は、原則として、離職の日の翌日から起算し
  て1年間です。(ただし、所定給付日数が330日の方は1年間+30日、360日の方は1年間
  +60日となります。)
 イ 受給期間の延長
   上記の受給期間内に、疾病等のやむを得ない事情により引き続き30日以上働くことがで
  きなくなったときには、その働くことができなかった期間の日数(原則として最大3年間※)
  を上記の受給期間に加えることができます。
 ※ 所定給付日数が360日の方は(3年間-60日)、330日の方は〈3年間-30日)となりま
  す。
   なお、この申請は、引き続き30日以上職業に就くことができなくなるに至った日の翌日
  から起算して、1か月以内に行う必要があります。
 ウ 受給期間の延長の特例
   受給資格に係る離職理由が60歳以上の定年に達したこと又は60歳以上の定年に達した後
  の勤務延長若しくは再雇用の期間が終了したことによる場合で当該離職後一定期間求職
  申込みをしないことを希望する方にはその期間が1年に加算され、受給期間は最大限2年
  間まで延長されます。
   この場合は、離職の日の翌日から起算して2か月以内に申請を行う必要があります。

失業保険の受給期間はもっと延ばせます。

ハローワークでは、あまり詳しくは教えてくれませんが・・・

難しい条件を満たせない人でも

加入期間が短い人でも、ほとんど問題なく延長できます。

失業保険の受給期間、知らずに損をしないでください!

>>>失業保険.com(生活安心サイトを見る)<<<

 



共通テーマ:求人・転職

失業保険 手続き(基本手当) [失業保険 延長]

平成19年9月30日以前に離職された方
   短時間労働被保険者以外の一般被保険者については、離職の日以前1年間に賃金支払基
  礎日数14日以上の月が6か月以上あること。
   短時間労働被保険者については、離職の日以前2年間に賃金支払基礎日数11日以上の月
  が12か月以上であること。
  離職の日以前1年間又は2年間に、傷病、出産等により引き続き30日以上賃金の支払が
  ない場合は、その賃金の支払のない日数を加算することができます。(算定対象期間は最
  大4年間です。
  被保険者であった方が、基本手当の支給を受けるためには、その方の住所又は居所を管
  轄する安定所において、「求職の申込み」を行ったうえ「離職票」を提出して受給資格の決
  定を受け、以後原則として4週間に1回指定された認定日に本人が安定所において失業
  認定を受けなければなりません。

失業保険の手続きには、多くの制限事項があります。

難しい手続きは、苦手なあなたにも

このマニュアルなら、安心の失業生活を過ごせます。

知らないで、大損しないために・・・一読の価値あり!

>>>失業保険.com(生活安心サイトを見る)<<<

 



共通テーマ:求人・転職

失業保険 基本手当の受給資格 [失業保険 延長]

離職の日以前の一定の期間に、次の「被保険者期間」があることが必要です。
① 平成19年10月1日以降に離職された方
    離職の日以前2年間に、賃金支払基礎日数11日以上の月が12か月以上あること。
    なお、倒産・解雇等により離職した場合(101頁から103頁参照)は、賃金支払基礎日数11日以上の月が、離職の日以前2年間に12か月以上又は離職の日以前1年間に6か月以上あること。
   ※離職の日以前2年間(倒産・解雇等により離職した場合は2年間又は1年間)に、傷病、出産等により引き続き30日以上賃金の支払がない場合は、その賃金の支払のない日数を加算することができます。(算定対象期間は最大4年間です。)

失業保険の受給資格については、色々な条件があり、細かい規則はハローワークで聞けます。

でも失業保険の受給資格のない人も受給することができるとしたら

あなたは信じられますか?

知らないことがどれほど損か・・・実感してください!

>>>失業保険.com(生活安心サイトを見る)<<<

 



共通テーマ:求人・転職
失業保険 延長 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。